Web

【mac】webライティング必須ツール8選 | 作業効率化!

daiki
こんにちは。daiki(@daiki_K_03)です。

webライティングは、ツールを最大限利用することで作業効率を大幅に向上することができます。

 

特にクラウドソーシングサービスでwebライティングの仕事を受注する場合、記事の作成速度がそのまま収入に直結します。

そこで今回は、実際に使用しているwebライティングツール8選を紹介します。作業効率を上げ、快適なライティング作業を行ってください。

【mac】webライティング必須ツール8選

1,XMind

 

『Xmind』は、無料でありながら高性能のマインドマップツール作成ツールです。

webライティング初心者が一番陥りやすいミスは、いきなり執筆を始めることです。計画なく書き始めれば時間がかかるだけでく、文章の整合性が取れなくなってしまうこともあります。

 

マインドマップを使用することで、情報を整理し結果的に早く書くことできます。

当ブログで書いているすべての記事で『Xmind』を使用しています。

※例として、上のマインドマップの画像を元にして下記の『天然パーマへのおすすめのワックス』の記事が書かれています。

天然パーマが勧める天然パーマへのおすすめのワックス【メンズ必見!】

続きを見る

 

2,CopyContentDetecter

 

コピペはwebライティングで最大最悪の禁止事項です。

webライターとして一度でもコピペ記事をクライアントに納品した場合、一瞬にして信用を失ってしまいます。

 

しかし無数にブログ記事がある現在、意図せずに他社と内容がかぶってしまうケースもあります。

『CopyContentDetecter』では、そんな意図しないコピべ記事作成をふせぐことができます。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスで仕事を受注している人は、納品前に必ず確認するようにしましょう。

 

3,Evernote

 

無料で使用することができる高機能ノートソフトです。

iphone・ipadでもしようすることができるため、デバイス間の互換性にも優れています。

 

しかし、メモとして使用するだけであればmac標準のメモアプリで事足ります。

evernoteが真価を発揮するのは、Webクリッパー機能です!

 

「この記事をまた見たい」「後で周りと共有したい」こんなことを思ったことはないでしょうか?

webクリッパー機能では、ワンクリックで見ているページを保存することができます。

evernote上に保存するため、ブックマークとは違い元サイトが削除された場合でも問題なく記事を見直すことができます。

 

4,Clipy

 

webライティング中、コピー&ペーストを使うことも多いかと思います。

このツールでは、過去のコピーした履歴を保存・呼び出しすることができます。

 

さらに、よく使う文言や定型文をショートカットにして即座に呼び出すこともできます。

ジャンルを絞ってwebライティングを行っている人は、似た文章を使うことを多くなります。そんな方はこのツールで大幅に作業効率を上げることができます。

 

5,ラッコキーワード

 

無料で使用できるキーワードリサーチツールです。

webサイトの利用者がどのようなキーワードを多く検索しているのかを調べることができます。

 

同じような機能を持つツールにgoogleのキーワードプランナーがありますが、『ラッコキーワード』のほうが動作が軽く使用しやすいです。

個人でブログを運営している人や、SEOを意識したライティングを行いたい方には必須のツールとなります。

 

6,Lightshot Screenshot

 

『Lightshot』は、スクリーンショットした画像に文字や線を直接書き込むことができます。

トリミングも行うことができ、スクショした画像の操作が自由自在です。

簡単にアイキャッチを作りたい人や、画像を使った手順作成記事を作成したいひとにおすすめのツールです。

公式ページだけでなく、Appstoreからでもインストール可能です。

 

7,Photoshop

 

画像・写真の編集ができるAdobeのソフトです。

 

写真や画像を高度に編集したい場合には、必須のツールとなります。自由度が高く・高機能な分、使いこなすには多くの時間を必要とします。しかし、使いこなした頃には他の編集ツールには戻れなくなってしまいます。

「有料でも良いから高機能なツールが使いたい」という方におすすめです!

 

アイキャッチやサムネイルを作る目的で画像を編集したいのであれば、『Canva』という便利な無料ツールもあります。使用目的に合わせてツールを選んでみてください。

 

8,karabiner-elements

 

『Karabiner-Elements』はキーカスタマイズ用のアプリです。

他のキーカスタマイズツールに比べて、圧倒的に自由度が高くどんなカスタマイズでもすることができます。

 

私自身、エンターキーを「control+i」にするなどのいくつかのカスタマイズを行っています。自分の使いやすいショートカットキーを加えることで、文章の入力速度を大幅に上げれます。

注意点として、高度なカスタマイズを行うのには多少の知識が必要となります。プログラミングが全くわからない人は使いづらいと感じてしまうかもしれません。

 

直感的にキーカスタマイズが行いやすいツールに『better touch tool』があります。有料ですが、トラックパッドの設定も行えるチートツールです。macユーザーの7割が使用しているとも呼ばれているため人気が高く、信頼性も保証されています。

あなたが使いやすいと思ったほうを選び使用してみてください。

 

まとめ | ご自身に合った便利ツールを

webライティング必須のツール8戦でした。今回紹介したツールを使いこなすことで大幅に作業を効率化することができます。まだ使ったことのないものがありましたらぜひ使用してみてください。

 

webライティングの効率を上げるツールは山程あり、現在も進行形で新たなツールが生まれています。ライティング中に「こんな機能があったら良いのに」「もっとこうしたい」という風に感じたときには、ぜひ調べるようにしてください。

あなたの悩みを解決するツールがすでにリリースされているかもしれません。

 

ぜひご自身が作成している記事に合ったツールを使用し、快適なwebライティングを行ってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-Web
-,