webライティング

大学生がランサーズよりもクラウドワークスを選ぶべき5つの理由

daiki
こんにちは。daiki(@daiki_K_03)です。

 

クラウドソーシングサービスといえば、どの会社のサービスを思い浮かべるでしょうか?

多くの方は、「クラウドワークス」か「ランサーズ」だと思います。

 

大学生でクラウドソーシングサービスを始める方で、「2つのサービスのどちらに登録したらいいのかわからない」という悩みを抱えている方はとても多いです。

 

そこで今回は、『大学生がランサーズよりもクラウドワークスを選ぶべき5つの理由』をお話していきます!

私は断然クラウドワークスをおすすめします。なぜクラウドワークスなのかについて両者を比較しながら説明していきます。

 

2つのサービスについて

クラウドワークス

クラウドワークスとは

  • 国内シェア・取引額・ユーザー数No.1のクラウドソーシングサービス
  • 仕事発注数300万件
  • 200種類以上で好きな依頼を選べる

クラウドワークスは、2011年に創業した株式会社クラウドワークスが運営している日本国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

 

個人・法人に問わず業務委託のお仕事をインターネット上のみで発注・受注することができるサービス。また、業務完了後にクラウドワーカーに支払う「仮払い」方式を採用しているため安心して仕事できます。

 

その特徴はなんと言っても仕事発注量の多さ!

種類も200以上あり、自分の得意な仕事を選んで作業に取りかかれます。

仕事の形式も「プロジェクト」「コンペ」「タスク」の3種類であり、プロジェクト形式の仕事を獲得できれば一気に高収入に近づきます!

 

ランサーズ

 

ランサーズとは

  • 満足度・リピーター率No.1のクラウドソーシングサービス
  • カスタマーサービスが充実している
  • 良い案件の見つけやすさがピカイチ

ランサーズとは、ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスです。

 

秘密保持の徹底やセキュリティチェック、24時間365日体制のサポートを行っているため、安心してオンラインで仕事に取り組むことができます。

サポートが充実しているため、悪質な案件も他のクラウドソーシングサービスに比べて圧倒的に数が少ないです。

 

自己紹介欄も入力する項目が多いため、スキルや実務経験がある方にとっては仕事を受注しやすい環境となっています。

反対に完全初心者の人にとっては、やや競争率が高いようにも感じます。

 

両方登録するのはあり?なし?

daiki
全くおすすめしません!

 

結論から申し上げれば、複数のクラウドソーシングサービスに登録するのはおすすめしません。

 

クラウドソーシングサービスでは『実績』がとても重要となります。

周りに差をつけられるようなスキルを持っていない場合、クラウドソーシングサービス内での仕事の受注・達成率、発注者からの評価がそのままあなたの実績になります。

 

当然、複数のサービスに登録すればこの実績は分散されてしまいます。

結果として一つのサービス内で実績を作るのに大変な時間がかかり、稼げる前に心が折れてしまう可能性も高くなります。

 

以上の理由から一つのクラウドソーシングサービスに絞って仕事を行うべきです。

スキルに自信がありすぐに実績を作れる方にとっては、複数のサービスに登録することも有効な手段となります。

 

大学生がクラウドワークスを選ぶべき5つの理由

1,未経験・初心者OKの仕事が圧倒的に多い

クラウドワークスは、未経験・初心者歓迎の仕事が多いです。

 

試しにクラウドワークスとランサーズで『未経験』『初心者』の2つのワードで検索をかけてみました。

 

・『未経験』で検索した場合(2020年11月22日)

クラウドワークス995件
ランサーズ142件

 

・『初心者』で検索した場合(2020年11月22日)

クラウドワークス1638件
ランサーズ328件

 

見ての通りクラウドワークスとランサーズでは、未経験・初心者を歓迎している仕事の数に大きな差があります。

 

クラウドワークスに登録することで「始めたはいいけど仕事を受注できない!」というようなリスクを減らし、登録してすぐに仕事に取り掛かることができます。

また未経験歓迎の仕事でも、きちんと達成すればあなたの実績になります。

 

よって、ステップアップ式に案件のレベルを上げていくことができます!

 

2,タスク案件が多い

タスク案件とは

  • 依頼主との打ち合わせや契約をせずにすぐに受注できる案件
  • 指定された作業納品後、承認されると報酬が得られる
  • 一時間もかからない簡単なものがほとんど

クラウドワークスは、タスク案件の数が多いのが特徴の一つです。

クライアントとの打ち合わせや契約といった事前の手続きが必要ないため、すぐに受注し仕事に取りかかれます。

 

報酬は少額ですが、クラウドソーシングサービスでお金を稼ぐ感覚を掴むことができ、モチベーションになります。

未経験の人でもタスク案件を通して訓練を積むことができます。

 

タスク案件での仕事も実績となり、時にはタスク案件の依頼主から直接「プロジェクト形式」の案件をもらえることもあります!

 

3,プロフィールの重要度が低い

 

前提として、クラウドソーシングサービスではプロフィールが超重要!

 

ランサーズは、クラウドソーシングサービスの中で特にプロフィールが重要です。

魅力的なポートフォリオやスキルセットを提示できる人が有利に働く反面、公開できる実績の少ない大学生にとっては社会人よりも大きなハンデを背負うことになります。

 

クラウドワークスでもプロフィールが重要なことに変わりはありません。

しかし、クラウドワークスでは案件申し込みの際の提案文の方がプロフィールよりも比重が重いです。

 

よって、プロフィールの内容が弱くとも魅力的な提案文を書くことで案件獲得につなげることができます!

 

4,案件の料金幅が大きい

クラウドワークスはランサーズよりも文字単位0.1円以下の少額案件や、なかには悪質な案件もあります。

 

一見良くないことに聞こえますが、考え方によっては自分に合った料金の案件をあなた自身で選べます

客観的に自分の技術レベルを判断し、適切な料金の案件をこなすことで着実に成長していくことができます。

 

注意点として過剰な自信で高額案件ばかり申し込んだり、いつまでも少額案件ばかりをこなしていると収入が上がらない原因となります!

 

自分のレベルを客観的に判断し、適切な料金の案件をこなしていくようにしましょう!

 

5,認定ワーカーの数が少ない

認定ワーカーとは

  • 上位数パーセントのクラウドソーシングサービスから認められたユーザー
  • クラウドワークスでは『プロクラウドワーカー』、ランサーズでは『認定ランサー』と呼ぶ
  • 認定ワーカーは案件の優先紹介等のサービスがある

認定ワーカーとは、上位数パーセントのクラウドソーシングサービスから認められたユーザーことを指します。

 

認定ワーカーになることで、プロフィールに「認定マーク」がついたり案件の優先紹介等のサービスがあります。

 

クラウドワークスとランサーズでは、認定ワーカーになるためのいくつかの条件があります。

その中の一つにとても重要な条件があります!

クラウドワークス獲得報酬額月間200位以内
ランサーズ上位20%以上

 

他にも条件はあるものの、上位20%以上が一つの条件になっているランサーズのほうが認定ワーカー数が多くなります。

よって案件単価をあげようと思った時に、認定ワーカーに良い案件を取られてしまう可能性が高くります。

 

結果として、案件単価が上がらず「クラウドソーシングサービスは稼げないからやめよう!」と思ってしまうことに繋がります。

その点クラウドワークスでは認定ワーカー数が少ないため、上位陣に良案件が取られてしまう可能性も減らせます。

 

さいごに

  • 未経験・初心者OKの仕事が圧倒的に多い
  • タスク案件が多い
  • プロフィールの重要度が低い
  • 案件の料金幅が大きい
  • 認定ワーカー数が少ない

以上の理由から、大学生にはクラウドワークスをおすすめします!

 

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサービスであり案件数がとても多いため、未経験の大学生でも十分にスタートすることができます。

 

また、この記事は決してランサーズを悪く言うようなものではありません。

質の高い案件が揃いサポートも充実しているため、すでにスキルを持っている人にはランサーズや両方登録することも良い選択です。

 

個人で活動するクラウドソーシングサービスでは、自分の技量を客観的に判断することがなによりも大切。

ご自身のスキルをしっかりと見つめた上で登録するサービスを選んでみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-webライティング
-

© 2021 Unichill